省エネをするとビルにかかる電気代を大幅カットできる

葉っぱ

企業における活用方法

太陽光や風力など自然エネルギーを活用し、事業活動を行う企業が増えている。自然エネルギーを活用することで、企業イメージのアップやエネルギー費用の削減などに繋げることもでき、活用によるメリットも多くなっている。

病院

医院デザインの重要性

クリニックを開業する際には患者さんに安心感を与えると同時に、医療施設としての機能性も兼ね備えた設計が求められます。クリニックの設計や施工監理は専門性が高いため、医療機関を得意としていて豊富な実績を持つ業者が理想です。事前にHPで設計実績やデザイン方針などを調べ、比較した上で業者を選ぶといいでしょう。

エネルギー消費を抑えよう

ビル

効果的な方法

地球環境保全や節約などの観点からビルの省エネが活発になっています。ビルのエネルギー消費は、その時間帯によって大きく4つに分類することが出来ます。その4つとは、業務を始める直前の始業前時間帯、業務中の操業時間帯、定時後の残業時間帯、業務終了後から業務開始までの非使用時間帯です。この4つの中で最もエネルギー消費量が多いのが操業時間帯です。そのため一般的な省エネにおいては、操業時間帯における冷暖房や照明などの使用を抑えるという方法が取られます。手っ取り早くエネルギー消費量を抑えたい場合はまずこの方法から始めると良いでしょう。そして注目したいのが非使用時間帯です。この時間帯は一切の業務を行っていないためエネルギー消費量もほぼ0だと考えられることがあります。確かに操業時間帯と比較するとそのエネルギー消費量は低いのですが、実際には変圧器やエレベーター、自動販売機などによりエネルギーが消費されています。またこれらは24時間365日稼働しているため意外と大きな負担となります。そのためこの時間帯への対策を行うことで非常に高い省エネ効果を得ることが可能です。具体的な対策としては、巡回などによる照明を切る、変圧器やエレベーターなどの稼働数を減らす、などが挙げられます。このように、ビルの場合は一般的な家庭とは異なり、見えないところでエネルギーが消費されています。ビルの構造を理解した上で省エネ対策を練りましょう。最近では、ビルのエネルギー消費を一目で確認する事ができるシステムも登場しているので導入を検討してみましょう。

解体工事

建物を解体する

松戸で解体工事の業者を選ぶときのポイントは、自社で解体の作業を行っている、解体の専門業者を利用することです。建設会社や認可を受けていない業者に依頼すると、解体工事は下請け業者が行う事になるため、費用が高くなります。